FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[クラッシュオブクラン] このゲームの特徴と戦術メモ [IOS/AND]

 全米で大人気のアプリ。最近は日本でもそこそこ知名度が上がってきたかなーというゲームです。日本のソシャゲの火付け役というか、始祖みたいな存在のトラビアンのいやな部分をすべて良い部分に変えたようなイケメンなゲームです。

・常に監視している必要がある  攻撃されて敗北した場合、12時間~16時間の攻撃されない時間ができる。
・負けたらほとんどぶっ壊れて修復にものすごい時間と労力、場合によってはリアルマネーがかかる。
 資源が手持ちの最大で数十%ほど相手に取られるものの、破壊された建造物は一瞬で直る。
・部隊だとゲームが進めば進むほどものすごい束縛される。 ほぼないに等しい。

 トラビアンでいういつでも見れる廃人が超有利というのはない。本当の意味で社会人でも時間に余裕のない学生だろうと片手間に気軽にできるようになった。

 マッチングは比較的レベルの高い相手から攻撃される場合が多いものの、タウンホール(本拠地)レベルの差で資源を奪える量に補正がかかるため、十分許容できる範囲となっている。時間のない人なら高コストの兵士で固めれば勝率の高い兵士で大量の資源の確保を狙えるし、時間のある人なら低コストで挑めば数をこなせるようにもなっているため、常にプレイヤーのニーズに沿った戦術を取れる。

 そんなこんなでライトプレイヤーでもPVPが苦手な人でも気軽に対人戦を楽しめるすばらしいゲームになっている。はじめてから大体10ヶ月くらいになるがTH11までは数ヶ月かかりそうだ。ちなみに課金額は総計で6千円くらい。

攻撃

ジャイアント+ヒーラータンク&アーチャー

 ミドルコスト。割と基本的な戦術にあたる。一回攻めるのに20分前後の時間が必要。コストは70000前後。ジャイアントに攻撃をひきつけている間、アーチャーに攻撃してもらい進んでいく戦術。兵士を出す順番とタイミングが重要なので、これを誤ると大量に無駄死にさせる結果になる。ジャイアントがひきつけるべき攻撃は範囲攻撃である迫撃砲とウィザードの塔の二つ。この二つをひきつけている間にアーチャーで一気に破壊していく。

バルーン+α

 ハイコスト。バルーンのレベルが高く、人口が多いTHレベル7以降にお勧めできる戦術。バルーンを2か3分割にして出撃させ、バルーンが防衛設備を破壊し尽くしたらαを出して全破壊を行う。格上にも有効。

 ローコストは日本ウィキのこねたに乗ってたよ

防御

防御が一番大事だと思う。

基本的な壁の置き方
 確実に気をつけておきたいのはきれいに正方形上に壁を数ブロック(例:5x5のもの)並べていた場合、角の4マスのうちどれか破壊されたらその壁の斜めに位置する部分すべてに侵入されてしまう。なのでなるべくならこのようなおき方は避けるのが望ましい。

応用:バネトラップ
@概要@
 THが6か7あたりまで非常に厄介なのがジャイアントとヒーラーだが、ここまできているなら壁の数にはそれなりに余裕があるはずなので工夫していこう。ジャイアントのターゲットは防衛設備だが、ジャイアントが配置されてすぐ近くの防衛設備が壁に囲まれている場合は壁を攻撃するというAIになっている。なので、ジャイアントを配置してくることが多い場所、または想定される場所に壁の工夫を施すようにしていく。壁1枚で稼げる時間でジャイアントとヒーラーのコンビを相手に1体倒せれば良いほうだが、バネトラップなら1つにつき一瞬で3匹まで同時に倒せる。これを使わない手はない。

 単純に壁に穴を開けて、そこにバネトラップを配置していくのが一般的な使い方。壁に1マスでも穴があいていて、その先に防衛設備が存在するなら割と遠回りになってもそこへ移動していくので誘導は簡単に行うことができる。ただし、注意したいのはあからさまにわかる形でおけば当然警戒されるためばれないようにおくか、何か別の工夫をもうひとつしておく必要がある。一番良いのはどうしてもそこにいかなければいけない状況を作ることにある。例えば北に防御を集中させて、南を手薄にしてトラップを仕掛ける。またはさらに南にTHを防衛施設の攻撃が届く範囲に壁なしで放り出しておくハニートラップも併用するといった、厳しい場所と魅力的な場所の二つの目立ちやすくわかりやすい選択肢を攻撃側に与えることでトラップを相手の目からそらすことができる。

THトラップ

 TH6以降になると目立つTHの壁の外に置くのが多くなるが、ただおくだけではもったいないので有効活用しよう。THは壁を除いた全建造物の中でもっともHPが高いので兵士ホイホイのような使い方が可能である。何度か攻撃されればわかるが、相手の兵士の配置の仕方の傾向をつかんでおき、その位置に巨大爆弾を仕掛けておく。アーチャーを倒したいならTHから若干離す、バーバリアンを倒したいなら密接。というように置く。また、迫撃砲の攻撃がTHを狙うアーチャーに直撃するように置く。しっかりレベルを上げているなら迫撃砲でアーチャーは即死なのでまとめて30人倒すなどといったこともできる。

 THを狙ってくる人にはいくつがタイプがあり、まったく兵士のロストがなくTHを破壊できてしまった場合、そのまま攻撃に移ってくることが多い。だが、破壊までに大きく削ることができたのであれば潔く本来の目的通りに攻撃をやめてくれることが多い(リーグボーナスだけでも十分+なため)極少数だが、やけくそになってそのまま攻撃に移る人もいる。

対空爆弾

 ホーミングじゃないほう。これはヒーラーを狙うものじゃなくて、大量に固まってくる対空ユニットを一気に削るもの。最も効果的なのはガーゴイル、次にバルーンとなっている。狙う相手によって位置を変えること。敵の丙種の傾向を見て置き場所を考える必要がある。ガーゴイルが大目なら外側、バルーンならまとまり始める内側に配置する。

小型爆弾

 これは小型の敵に対して使う。主にバーバリアン、アーチャー、ゴブリン。この3人は爆発を受けた際、迫撃砲によるダメージと同様にノックバック+1秒スタンが入るので時間を稼ぐことができる。なので、ウィザードの塔の近くにおいておくのもありかもしれない。

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ツイート
---=カウンター=---
ブログ内検索
カレンダー(月別)
11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
XboxLiveタグらしいよ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。